占い師紹介

翠蘭(すいらん) 先生 親子や職場での人間関係の傷をポジティブに晴らす

占術
マヤ暦、西洋占星術、タロット、トートタロット、四柱推命、手相
得意分野
恋愛、結婚、離婚、親子問題、仕事、人間関係
主な待機日
日曜日、祝日(メール鑑定も対応可)
twitter(出演日は固定ツイートをご覧ください)
ヴェルニで見る
先生のヴェルニページへ

はじめまして。翠蘭(すいらん)と申します。
四柱推命、タロットカード、数秘術などを用いて、貴方の人生をより明確にし目標に向かって進むためのアドバイスをいたします。

振り返ると、私自身は40年近く、他人の影響を受け続け自分自身の人生が送れていませんでした。

私は、お堅い役人の父と教師の母のもとに生まれ、幼少期から優等生であることをずっと求められ続けて生きてきました。(求められていただけで、優等生ではありませんが(笑))

両親共働きのため、「早く帰ってきて家事と勉強をしろ」と、学校帰りに友達と遊ぶことも許されず、全くといっていいほど自由が無い生活でした。早く帰らなければいけないから、日中学校をさぼって友達と遊んでいたらバレて、勘当寸前になったり。恋愛なんてもっての外、付き合っていた彼のことがばれて、誕生日プレゼントにもらったペンダントを捨てられてしまったり・・・
両親の愛情を感じられず、とても窮屈で怖かった。生きていくためには従うしかなく、人の顔色をうかがいながら過ごす癖がついてしまいました。

社会人になってからも、孤立することが怖くて自分の本心を出せず、人にあわせる八方美人でした。
恋愛では、振られて傷つくのが怖いので、自分の好きな人には、気のない素振り。
こんな私に好意を寄せてくれるかたとのお付き合いでは、「私のこともっと大事にして!」
みたいなワガママ放題でした。両親から得られなかった愛情を求めていたのだと思います。

結婚相手は、婚期を逃しそうな娘を心配して両親が見つけてきた人でした。
それほどトキメキはなかったのですが、「この両親の支配下から抜け出せるなら」と結婚を決めました。
まじめで良い人でしたが、少し「俺様」的なところがあり、両親からの圧力に屈服していた子供時代のトラウマが蘇って反発心から大喧嘩をすることがよくありました。
お互い自己主張も強く、相手に合わせることがかなりストレスになり、結局離婚することになりました。いろいろありましたが、結婚も離婚もよい経験でした。

仕事面では、IT関係の会社に長年勤務しています。
職業柄、結構過酷な勤務が多く、人間関係でもハードな場面を多々経験しました。
ここでも、人に合わせてしまう性格(癖)から自分自身を見失い、他人の意見に翻弄されて何をどうしたら良いのかわからず悶々とすることが多かったです。
夜中にへとへとになって帰宅しても、ワインを1本あけないと寝られなかったり、買い物依存症になり、馴染みの店員さんから洋服を際限なく買ってしまったり。かなり精神が病んでいたと思います。
自分の無力さが嫌になり、「私の人生って何?」という思いにかられて心理学やスピリチュアルを学びはじめ、数秘術の先生と出会ったのが占いをはじめるきっかけでした。

数秘術で自分のコアな資質や思考、性格などを客観的に振り返りると、他人に依存しやすい部分や自由をもとめる部分などが色濃くでていて、これまで人生での出来事が納得できてしまった。そして、否定していた自分自身を認めることができ、自分の素直な気持ちに沿って行動できるように少しずつ変化していったのです。
あんなに嫌いだった厳しい両親の魂も理解することができ、これまで気付かなかった愛情深さに気付き、涙が流れるとともにネガティブな感情が晴れていったのでした。
更にタロットカードや西洋占星術も学び、その後の人生における様々な選択の場面で、占いでアドバイスをもらって活かすうちに、私の人生をこんなにも変えることができた占いで、たくさんの人にお役にたちたいと思い、占い師として活動をはじめました。

これまでの経験から、職場やご家庭の人間関係のお悩みや、自分に自信が持てない方のお気持ちはとてもよくわかります。
以前の私と同じように悩んでいらっしゃる方が、ご自身を見つめなおし、1日も早く悩みから解放されご自身らしい人生を歩むことができるよう、お手伝いできたら嬉しく思います。
新たな人生に向けた一歩を踏み出すための、具体的なアドバイスをさせていただきます。

 >  翠蘭(すいらん)

ページトップへ