お知らせ

《馬込 武蔵》嫌いだった西洋占星術の勉強方法。

どぉーも武蔵です。

西洋占星術、タロットカード、手相、易タロットカードをメインで用いていますが、

下積み時代は西洋占星術が苦手で…手相、易タロットカードは好きでした。今思うと東洋占星術の方が向いているんだろうな…と思います。

早く四柱推命を勉強しろって話だけど。笑

今思うと最初に当たった先生と合わなかったのかも…どちらかというと、「私の言う通りにしなさい」が強かった先生。ちょっとでも違った見方をすると「そうじゃない」と檄を飛ばす感じで。

まーやりにくいったらありゃしない。

後々にその先生と自分とのシナストリー(二重円で相性を出す)を作ったら、「あ〜…」と納得しましたけど。

とはいえ、西洋占星術を含めて

命占(生年月日を使ってその人の本質を出す占い)はとにかく覚えることが多い!独学はおすすめしません!下地がある人ならともかく、大抵の人は混乱します!

 

なんでいつかわし、講座やるから来なさい!笑

挫折した人の気持ちがわかるから!!

武蔵は学校に通ってましたが、最初は1クラス30人近くいました。卒業できて占い師になったのは3人だけ。(同期2人も、今は元気に占い師として活動しています)

ボロクソ言われましたが(例えば、武蔵は個人天体に水星座の蟹座、蠍座、魚座がありません。なので共感力皆無で占い師は絶対にできない!と豪語されました)

それでもこのヤロー!!とついてきたので、やる気次第で命占はなんとかなります。ハイ。

そんな勉強方法ですが…

①著名人の生年月日からホロスコープを作成する

②その人の伝記を読む

③あーこういうところ○○座だ!と自分なりに解釈してみる

④それを誰かと共有できれば尚可

 

個人的に、わかりやすく特徴が出ているな〜と思ったのが、

チェ・ゲバラとマリー・アントワネット。

チェ・ゲバラの天才的な発想力は水星天王星ハード、おまけに冥王星も効いていて洞察力もある!とか、負けず嫌いさ、行動力は月火星木星の牡羊座か!とか。

マリー・アントワネットは月天秤座でいかにも美人なお姫様。しかも楽天的な木星もいます。実はお人好しだったのでは?「パンがないならケーキを食べれば?」は水星射手座の話がぶっ飛ぶところも出ていますね。水のグランドトライン持ちなので、温室育ちの優雅なお嬢様だったのも頷けます。

専門用語ばかりで訳がわからないのかもしれません。ですが、誰かとリンクさせると「ほぉぉ!!」と腑に落ちる部分ができて、すんなりと頭に入ります。

これはなにも、著名人ばかりではなく日常生活でも使えます。

はぁぁ…早く知っておけば良かったな…そーすりゃ他人をいくらでも利用でき…そう言うことを言っちゃいけないね…

そんな横浜ほしよみ堂は随時イベントや講座を計画、実施中。来月もイベントや講座が目白押しでっせ!!

わしも早く企画を考えよ…

以上です!!

Twitter→https://twitter.com/Musamusafortune

 

 

 >  《馬込 武蔵》嫌いだった西洋占星術の勉強方法。

ページトップへ